前へ
次へ

税理士試験を受けるには

税理士試験とは、税理士になるために必要な知識を有するかを判定するためのものです。年一回、八月第一週に全国12ヶ所で、国税審議会主催により実施されます。この税理士試験を受けるには、一定条件の学歴や職歴といった受験資格をクリアする必要があります。主な受験資格として「大学または短大専門学校の法学部・商学部・経済学部など、法律学や経済学を科目とする学部を卒業した者」「日本商工会議所主催の簿記検定1級または全国経理教育協会による簿記能力検定上級を合格した者」「税理士・公認会計士・弁護士事務所での補助業務に3年以上携わった者」などがあげられます。合格発表は毎年12月にあり、合格点は各科目60点以上、合格率は毎回10〜20%ぐらいです。

top用置換

top用置換2
Page Top